アーク溶接 第152話 ビード表面に付着するスラグとその考え方(9)   担当 高木柳平

2019年03月18日

=溶接用スラグの剥離性改善に関する考え方と実際(1)= ところで、時は1970年代末ごろ、筆者が大同特殊鋼(株)に勤務し、溶接材料の技術サービス部門に携わっていた時、普通鋼板で構成される或る自動車部品の溶接において「スラグ付着が塗装性能を害する」ことで大きな品質問題となった。当時、塗装方法は電着塗装技術が適用され、なかでもカチオン塗装法が確立されてきていた(電着塗装の歴史と原理日本ペイント(株)村...

お問い合わせはこちらからお寄せください。