アーク溶接 第 133 話 ビード内部品質を考える(20)   担当 高木柳平

2018年09月10日

=ブローホール発生形態、形状(1)(ピット、ビード表面フクレ)= ブローの発生形態、形状は大きく分けて外観判定と内質検査に分類でき、本話ではビード外観の判定を取り上げます。ブロー発生を外観観察から判定する時、代表的な形態はビード表面に開口したピットであり、クレータ部などに生じやすいピンホールおよび収縮孔などがあります。また、開口はしないまでも表面膨れ(フクレ)が生ずる場合もあります。ここでは以下に...

「溶接技術だより」へのお問い合わせ・ご意見・ご感想などは、こちらからお気軽にお寄せください!