アーク溶接 第185話 フェライト系ステンレス鋼の溶接(6)  担当 高木柳平

2020年02月17日

=シールドガスの溶着金属化学組成への影響=  前話では,クロム系ステンレス鋼の専用溶接ワイヤ(Wire NO.1)と汎用ワイヤ(Wire NO.4)について以下に示す特性について比較しそれらの概要を説明しました。 すなわち,①ワイヤ組成 ②延性の向上 ③溶着金属の機械的性質 ④高温耐酸化性 の4項目です。 比較の前提としてシールドガスは,通常適用されるミグガスの代表的組成であるAr+5%O2に限定...

ご質問受付フォーム

 溶接技術だよりをご愛読いただきありがとうございます。
 本話に関するご質問がございましたらこちらからお寄せ下さい。
 担当者から後日改めてご回答をお送りさせていただきます。
 内容によりお時間を要する場合が御座いますが、予めご理解賜ります様お願い申し上げます。
 ご連絡先およびご質問内容をご記入ください。(*は必須項目です。)

氏名*

 姓

メールアドレス*

電話番号*


 ※電子メールでお返事できない場合に、連絡がつきます電話番号をご記入ください。

会社名

ご質問内容*