アーク溶接 第127話 ビード内部品質を考える(14)   担当 高木柳平

2018年07月02日

=母材表面の亜鉛皮膜への評価方法と考え方= 溶接対象とする母材の表面には用途、目的によって種々皮膜、メッキ処理が施されている。これらの背景をみるとスチールメーカにて製造の溶融亜鉛メッキ、合金化溶融亜鉛メッキ、電気亜鉛メッキなどの各鋼板の他に部品毎に処理される各種クロメート、ボンデ、パーカライジング、黒染加工品などがあり塗装の下地処理、塑性加工のための潤滑、耐食性の向上などに利用されている。 しかし...

お問い合わせはこちらからお寄せください。