アーク溶接 第126話 ビード内部品質を考える(13)   担当 高木柳平

2018年06月18日

=パルスマグ・メッキ鋼板溶接時におけるワイヤと適用ガス組み合わせの影響例= 前話に引き続きワイヤと適用ガスとの組み合わせが亜鉛メッキ鋼板と普通鋼板の重ねすみ肉溶接にどのような影響を与えるかについて事例を表 126-1 に掲載し説明を加えます。 溶接対象母材は上板側 2.0t×45/45 亜鉛メッキ鋼板、下板側 2.0t 普通鋼板による重ねすみ肉溶接。 溶接法はパルスマグ溶接で溶接電流は 150A...

お問い合わせはこちらからお寄せください。