アーク溶接 第117話 ビード内部品質を考える(4)  担当 高木柳平

2018年03月19日

=ノズル・母材間距離L(mm)とエア巻き込みブローホール= エア巻き込みブローホール要因の第 1 は、溶接トーチ設定の中で挿入コンジットが短く、適正なガスの流れが得られない場合であると前話で指摘した。この点について何度も触れている理由はその気になって着目しなければ見落とし、気づきにくく、悩まされ続けるからです。 これらを前提にして「エア巻き込み」に最も影響を与えるものは、適用する溶接トーチとそれら...

「溶接技術だより」へのお問い合わせ・ご意見・ご感想などは、こちらからお気軽にお寄せください!