アーク溶接 第224話 TIG溶接(20) 担当 高木柳平

2021年03月15日

=ティグ溶接に関する「アークの物理」(11)・・・溶接学会論文集*1)に見る酸化物入りタングステン電極の消耗変形,RIM形成について(その2)=  前話では酸化物入りタングステン電極の消耗挙動について,アーク放電時間の増加に伴い電極に添加されている酸化物は溶融し,その形状は球状に変化するとともに,動作中の電極先端から酸化物が消失する。 さらに先端部からアークルート部にかけて表面の薄い溶融層を呈し,...

    ご質問受付フォーム

     溶接技術だよりをご愛読いただきありがとうございます。
     本話に関するご質問がございましたらこちらからお寄せ下さい。
     担当者から後日改めてご回答をお送りさせていただきます。
     内容によりお時間を要する場合が御座いますが、予めご理解賜ります様お願い申し上げます。
     ご連絡先およびご質問内容をご記入ください。(*は必須項目です。)

    氏名*

     姓

    メールアドレス*

    電話番号*


     ※電子メールでお返事できない場合に、連絡がつきます電話番号をご記入ください。

    会社名

    ご質問内容*