アーク溶接 第188話 フェライト系ステンレス鋼の溶接(9)  担当 高木柳平

2020年03月16日

=フェライト系SUSワイヤの溶接作業性(1/2)・ワイヤ中のSi量とビード外観とビード形状(2/2)=  前話に引き続いて,ビード性状良好なY308LSiワイヤとクロム系専用ワイヤNO.1-Kの比較事例を以下に2つ紹介します。  なお,事前に断っておきますが両ワイヤの比較はビード性状を比較するものであって,Y308LSiがフェライト系母材にすべて適用できるものではありません。あしからず了解願います...

ご質問受付フォーム

 溶接技術だよりをご愛読いただきありがとうございます。
 本話に関するご質問がございましたらこちらからお寄せ下さい。
 担当者から後日改めてご回答をお送りさせていただきます。
 内容によりお時間を要する場合が御座いますが、予めご理解賜ります様お願い申し上げます。
 ご連絡先およびご質問内容をご記入ください。(*は必須項目です。)

氏名*

 姓

メールアドレス*

電話番号*


 ※電子メールでお返事できない場合に、連絡がつきます電話番号をご記入ください。

会社名

ご質問内容*