アーク溶接 第170話 溶接部と溶接割れ(17)  担当 高木柳平

2019年09月16日

= 低温割れ(その5)・・・熱影響部の硬さ測定と留意点= 前話では鋼の熱影響部の硬さについてその概要を説明した。鋼の炭素量が,さらに詳しく見ると炭素当量 Ceq がほぼ0.40%以上になると溶接部が鬼のように硬くなることを学んだ。 また,熱影響部の最高硬さを抑制する方法については,冷却速度を緩やかにしてマルテンサイト変態を抑える必要から予熱,後熱の実施例にも触れた。 本話では,熱影響部の硬さ測定に...

ご質問受付フォーム

 溶接技術だよりをご愛読いただきありがとうございます。
 本話に関するご質問がございましたらこちらからお寄せ下さい。
 担当者から後日改めてご回答をお送りさせていただきます。
 内容によりお時間を要する場合が御座いますが、予めご理解賜ります様お願い申し上げます。
 ご連絡先およびご質問内容をご記入ください。(*は必須項目です。)

氏名*

 姓

メールアドレス*

電話番号*


 ※電子メールでお返事できない場合に、連絡がつきます電話番号をご記入ください。

会社名

ご質問内容*