アーク溶接 第168話 溶接部と溶接割れ(15)  担当 高木柳平

2019年09月02日

= 低温割れ(その3) ・・・溶接入熱、冷却速度、加熱温度、保持時間、元素の影響= 前話では,低温割れ(その2)として溶接熱影響部のミクロ組織について説明をしました。溶接金属にボンド部を挟んで隣接する熱影響部は結晶粒が粗大化したオーステナイト組織を形成し,その後の急冷で過冷オーステナイトとなり,さらに含有炭素量Cによって決められるMs点を通過してたいへんかたいマルテンサイトに変態することを学んだ。

お問い合わせはこちらからお寄せください。