アーク溶接 第159話 溶接部と溶接割れ(6)   担当 高木柳平

2019年06月03日

= 高温割れ(溶接金属部割れ)(その4) = 前話では、 0.9t SPCC 薄鋼板の突合せ溶接 において発生する 凝固割れ を防止するため 、 探索 試験 を行いその結果を示した。 判明したことは、 適用ガス Ar +50 %CO2 ガスにおいて、歪防止を極力念頭に置きながら 銅バッキング溝幅2mm とし、 65°立向下進溶接 条件 では 凝固割れを安定的に防止することは難しい ということであっ...

お問い合わせはこちらからお寄せください。