アーク溶接 第155話 溶接部と溶接割れ(2)   担当 高木柳平

2019年04月15日

=溶接割れとその分類= ある自動車メーカーの「アーク溶接品質基準」にはその適用範囲において次のように示されている。 要約としては、 「被溶接物は低炭素鋼に限り、炭素含有量の多い鋼(たとえばS45C)では熱影響部が著しく硬化してもろくなったり、割れが発生したりするので適用範囲外とする。 高張力鋼の場合は合金元素により硬化性が異なるので炭素当量を考慮するとして、炭素当量の式は、ここでは鋼の硬化性を表わ...

ご質問受付フォーム

 溶接技術だよりをご愛読いただきありがとうございます。
 本話に関するご質問がございましたらこちらからお寄せ下さい。
 担当者から後日改めてご回答をお送りさせていただきます。
 内容によりお時間を要する場合が御座いますが、予めご理解賜ります様お願い申し上げます。
 ご連絡先およびご質問内容をご記入ください。(*は必須項目です。)

氏名*

 姓

メールアドレス*

電話番号*


 ※電子メールでお返事できない場合に、連絡がつきます電話番号をご記入ください。

会社名

ご質問内容*