アーク溶接 第145話 ビード表面に付着するスラグとその考え方(2)   担当 高木柳平

2019年01月14日

=溶接スラグに対する基本的な考え方(その2)= 溶接用語;溶着金属と溶接金属、メタルロス(スラグ、ヒューム)  溶接スラグは前話でも説明したように、シールドガス雰囲気の中でアークによってワイヤ、母材が融合し、その脱酸生成物であるFeO- SiO2- MnOが液体状物質となってビード表面に浮上してきたもので、ビード内部すなわち溶接金属を清浄化し、機械的性質を良好に保つためにはなくてはならないものです...

お問い合わせはこちらからお寄せください。