アーク溶接 第83話 アーク溶接技術講習とその紹介(11)  担当 高木柳平

2017年04月10日

現場講習と溶接条件、アークロボット(1/2)

  いよいよ現場講習シリーズも最終を迎えることになりました。今回はアークロボットによる溶接条件の教示、設定およびロボット取扱い上の留意事項についてコメントします。

  アークロボットの適用に当たって最も重要なことは安全作業の順守とスパッター、ヒューム環境における4Sの徹底です。また教示作業を通じてアークロボットを使いこなす技術、技能の習得、習熟です。さらには大きなエネルギーを消費するアーク溶接とロボットにおける省エネ対応と考えます。これらを背景としてより快適な、生産性の高い、良好な溶接品質の得られるシステムへの追求です。さて、以下にロボットによる教示、設定条件についてみることにします。

   図083-01「溶接条件、アークロボットにおける着眼ポイント」を示します。本話では紙面の都合で、ここまでとしてこれらの解説を第84話で行います。

AZ083-01_1

 以上

№ A083

← 前の投稿へ    次の投稿へ →

 

「溶接技術だより」へのお問い合わせ・ご意見・ご感想などは、こちらからお気軽にお寄せください!

 

【この記事を印刷する】

「溶接技術だより」へのお問い合わせ・ご意見・ご感想などは、こちらからお気軽にお寄せください!