コンタクトチップ孔評価専用ピンゲージ HGピン

コンタクトチップ孔評価専用ピンゲージ HGピン

3211_HGピン

 

仕様

3221_HGピン

機能/用途

チップ孔の状態確認、管理を目的とした溶接現場で使いやすいチップ孔診断用ホールゲージ。

使用済みチップの主な交換理由は、
① チップ先端孔径の拡大、いわゆる孔拡がり
② 孔詰り(銅粉、鉄粉、その他)
③ 孔の内部キズ
④ チップ溶着

この中で②③の要因に対応し、対策を適正に取ることができれば、チップ交換頻度を抑制できると同時に溶接不良も減らすことが可能。HGピンは、この診断を溶接現場で手軽に行えるツール。

 

注意事項

■ 適応ワイヤ径に対し、基準径用・孔詰り診断用・孔拡がり診断用の3種類が1セットになっております。

■ 適応ワイヤ径は、目安です。ご購入の際には、使用前と後のコンタクトチップをお預かりし適正なサイズを選定させていただきます。

※ 詳しくは、営業窓口にご相談ください。

 

【この記事を印刷する】