2018年の幕開けに際してのご挨拶

2018年01月17日

明けましておめでとうございます。

旧年中は格別のご厚情を賜り、誠にありがとうございました。おかげさまで弊社も無事に新しい年を迎えることができました。

共同通信社のアンケート結果では主要企業の109社のうち8割以上が、「景気は拡大する」との予想をしたそうです。この要因として、設備投資,個人消費,輸出の拡大等が挙げられます。2018年は弊社にとって大きなチャンスが到来すると予感しております。

弊社を取り巻く自動車業界では、世界各国における環境意識の高まりから技術開発が進んでいます。話題になっている水素,電気自動車や自動運転システムなどの従来のガソリン車とは一線画す自動車が生み出されつつあり、イノベーションの波がスピードを増して及んできています。

それらのトレンドの中、「環境」,「自動化」,「フレキシブルな対応」がキーワードになると見込んでおります。対応する商品やサービスが求られれば、弊社にとって持ち味が発揮できると確信しております。

全社一丸となり、この変革の時代を皆様方と共に切り開き、共に成長して参りたいと思います。

本年も変わらぬご指導ご鞭撻のほど よろしくお願い申し上げます

2018年1月8日
新光機器株式会社
代表取締役社長
森本 日出夫

岐阜県・千代保稲荷神社(ちよほいなりじんじゃ) 門前町にて撮影
千代保稲荷神社は“おちょぼさん”の愛称で親しまれている商売繁盛の神様。
役員一同にて更なる発展を祈願して参拝に訪れる。(社長 右から5番目)

【この記事を印刷する】